3年生:海の日もサッカー(笑)、猛暑の3連休TR

一時期流行ったご当地キャラ。ふなっしーとか、くまもんとか、各地にいろんなゆるキャラが誕生していましたが、サッカー界にもご当地〇〇があるのはご存知ですか? 我々世代でいうと、ご当地マラドーナが世界各地で誕生してましたね。

”砂漠のマラドーナ”アベディ・ペレ、”東欧のマラドーナ”ゲオルゲ・ハジ、”静岡のマラドーナ”伊藤輝悦あたりが有名ですが、それこそ”〇〇小のマラドーナ”とか、”〇〇商店街のマラドーナ”とか、日本だけでも何万人単位のご当地マラドーナがいました(笑)。

最近のご当地〇〇だとやはりメッシでしょうか。埼スタで開催された浦和vsドルトムント戦、観戦にいった選手も多かったと思いますが、その試合でも”トルコのメッシ”エムレ・モルが2ゴールの大活躍。あのドリブルはヤバかった! そういえば我がチームのキャッチフレーズにも”下町のメッシ”がありましたね(笑)。

15日はリガールさんにご招待いただいて、栗島オーパスさん、渋谷東部JFCさん、BFの4チームでの合同TRM。土曜学校もあり、バモス・クラックともに交代メンバーなしで15分7本というタフなTRMになりました。

結果も惨憺たるもので、14本トータル3得点48失点。格上3チームとの戦いで、現在の実力を知るのにはいい機会だったと思います。選手個々、そしてチームとしても課題が明確になったと思うので、そこの改善に取り組んでいきたいところですが。今回対戦させていただいた3チームの選手、関係者のみなさま、ありがとうございました!

続く16、17日は前日の課題の改善をテーマに置いてパス&コントロールや1vs1、3vs3を中心としたTRになりました。

最近TRをしていて気になるのが、TRのためのTRじゃないけど、なんとなくメニューを消化している選手が多いように思えます。 試合の状況をイメージして、1つ1つの練習に取り組めているかな? 失敗したあと、同じ失敗を繰り返さないよう、少しでも修正しようとしてるかな?

暑さも厳しいところにTRMも続いて、疲れも溜まってきているとは思いますが、ちょっと細かいところがおざなりになってきてる気がします。忘れ物もしかり、集合時間もしかり、少し自分に対して甘いのかな、と。

今までいろんなコーチの指導を受けてきて、この2年間でみんな確実にうまくなってるはずです。しっかり練習すれば、それはそのまま自分の実力アップに繋がることはわかってるはずだから、自分の可能性、伸び代を信じて、もう少しだけ自分に厳しくなって、その気持ちでサッカーに向き合ってくれればなと思います。

これから夏休みが始まります。もう一度原点に戻って、”下町のメッシ”を目指して練習してみようよ。この際メッシじゃなくてもいい。”下町のクリロナ””下町のネイマール””下町のオバメヤン””下町の本田”、誰でもいいからご当地キャラになれるように、毎日5分でいいから真剣にボールを蹴ってくれたら嬉しいな。

7/15 得点者

ユアン 1

ケイマ 1

マサキ 1

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です